桑原間宿~稲荷山宿

桑原間宿(くわばらあいのしゅく)

cb01.jpg
桑原間宿の中心部

 桑原は慶長7年(1602)宿駅業務を稲荷山宿に譲り間宿となりました。
 松代藩では宿場として扱っていたため 御伝馬役(おてんまやく)や藩士の休息・宿泊に勤めました。

c006.jpg
本陣(柳澤家)跡

  本陣の柳澤家は330坪の敷地に100畳強の客室などがありましたが平成13年(2001)に取壊されました。

c0062.jpg
連子格子(れんじこうし)の旧家
c007.jpg

伴月楼(ばんげつろう)

 安政3年(1856)建造の松代藩士の武家屋敷で、 佐久間象山(さくましょうざん)も訪れたといわれています。

くわばら伝説

 むかしむかし、桑原に雷が落ち、通りかかった領主の 桑原左近将監(くわばらさこんしょうかん)が雷を捉えた。
 雷は「今後、桑原には決して落ちませんから許してください」と詫びたので、左近将監は許した。
 雷がなったとき『くわばら、くわばら』と唱えると落ちないと言う伝説はここから生まれたとさ。

稲荷山一里塚跡
 洗馬から15番目の一里塚です。2里先の篠ノ井追分のすぐ手前に塩崎一里塚があり、善光寺街道はあと8km程度です。

このページに関してのお問い合わせ先

聖高原観光案内センター
〒399-7701長野県東筑摩郡麻績村5889-1
TEL 0263-67-2133