麻績宿

麻績宿(おみじゅく)

ac001.jpg
麻績宿の入口 叶里(かのり)付近
この交差点を左へ約3km登って行くと「シェーンガルテンおみ」(麻績村営の宿泊施設)です。

洗馬(せば)から8番目の宿場で、古代から官道の宿駅として発達し、戦国時代には麻績服部氏の城下町として発展しました。
麻績宿が正式に宿場となったのは慶長18年(1613)のことで、安政初年(1853)頃には本陣1軒、問屋2軒、旅籠屋29軒、東西約6町35間(710m)だったといわれています。

a013.jpg

駒が石
木曽義仲軍の勢いが強く、軍馬の通過した後、路上の石に 蹄(ひづめ)の跡が残っていたことから、後にこの石を「駒が石」と呼んだとのこと。

a014.jpg

ガッタリ
木曽義仲の愛馬が長途の旅の疲れから、ここで「ガッタリ」と膝を折ったと言うので、このあたりの地名になったといわれています。

a017.jpg

叶里塚古墳

aa03.jpg

姨捨山(おばすてやま)冠着宮(かむりきぐう)遥拝所(ようはいじょ)
遥拝所とは遠くから拝む場所のこと。本来、姨捨山の月とはこの地から見た月をいう。

a015.jpg

瀬戸屋(脇本陣跡)
安政7年(1860)から本陣をめぐる紛争が発生し、この瀬戸屋も本陣を名乗りました。

a016.jpg

麻績宿中心部

aa04.jpg

法善寺(ほうぜんじ) 聖観音(ひじりかんのん)
御詠歌「 逆縁さかえんも漏らさですくう 西谷にしたにの巡礼塔をおがむとうとさ」

aa05.jpg

麻績神明宮
平安末期から麻績 御厨みくりやとして伊勢神宮の荘園でした。
貞享元年(1684)造営の本殿はじめ5棟が国の重文となっています。

このページに関してのお問い合わせ先

聖高原観光案内センター
〒399-7701長野県東筑摩郡麻績村5889-1
TEL 0263-67-2133